お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

本を貸しても返さない人はお金持ちになれない

 

 本を貸してもなかなか返さない人がいる。多くのお金持ちの人が、お金持ちになりにくい体質の人として「本を貸してもなかなか返さない人」をあげている。本を返す返さないと、お金持ちにはどのような関係があるのだろうか?

情報には価値がないと考える人
 本をなかなかな返さない人というのは、本を安易に人から借りているはずである。だがその人は、何でも人から借りて返さないかというそういうわけでもない。本をなかなか返さない人でも、自動車を借りたらさすがにきちんと返すはずだ(中にはそれも返さない人もいるかもしれないが)。

 ではなぜ自動車はすぐに返すのに、本はすぐに返さないのだろうか?もちろん本は自動車に比べて安価というのは大きいだろうが、理由はそれだけではない。本は情報商品(コンテンツ商品)であって「モノ」ではないというところが大きく作用していると思われる。

 情報には価値がないと考える人は意外と多い。そのような人にとって、本はモノではないので、返却しないことに対する心理的な抵抗が薄いのである。価値がないものなので、ずっと借りていても問題ないと考えているのだろう。

 お金持ちになるためには、モノやサービスの価値に敏感でなければならない。それが形のあるものであっても、そうでなくても、そこにうまく価値を見出す能力がなければ、ビジネスチャンスを掴むことは難しい。本を返さない人は、情報に対する価値に鈍感なので、ビジネスが下手である可能性が高いというわけだ。

日本人は所有権の概念が薄い
 もう少し抽象的でかつ本質的な話をすると、本に限らず、なかなかモノを返さない人には「所有権」の概念が薄い人が多い。
 日本人は米国人に比べて所有権の概念が薄いといわれる。米国社会では、契約上その人の所有物になっているものに対する権利は極めて強固である。だが日本は契約上誰のものになっているのかよりも、誰が物理的にそれに触れているかの方が優先する。

 日本では他人の家でも、勝手に長期間居座っていれば、一定の権利が認められたりするのである。所有者と利用者を概念的に区別することが日本人は不得意なのかもしれない。

 だがこれはビジネスの世界では非常に不利に働く。零細事業をしているうちは、その事業の所有者が労働者になっているので問題はないが、規模が大きくなってくると、所有者と経営者あるいは労働者の役割分担が必要になってくる。

 さらにビジネスが拡大してくると、遠隔地に投資したり、権利を売買するなど、よりバーチャルな取り組みが求められるようになる。

 このとき、所有者が誰で、その権利はどこまで及ぶのかという概念が薄いと、うまくオペレーションができなくなってしまうのだ。日本では特に用がなくても顔を合わせていないと仕事が進まないケースも多いが、おそらく同じ理屈である。国際的なビジネスで日本人がまったく歯が立たないのは、言語の問題ではなく、このメンタリティが原因である。

 お金儲けというのは、所有権を売買したり、所有権を有料で貸し出す行為なのである。所有権の概念が薄い人でお金儲けが上手い人は少ない。

【参考記事】
物事を単純化できるとお金持ちに近づく
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

osutorichi5510
お金に縁がない人は見えているモノに安心を感じる

 人は嫌なことを見たり考えたりしたくない動物である。人間以外の動物も基本的そうだ …

Image2
お金持ちになりたければ、慎重さを勘違いするな

 行動力があることは、お金持ちになるためには非常に重要なことだ。あれこれ考えず、 …

a1180_003851
いくら以上持っていれば大金持ちなのか?

 お金持ちかどうかを計るバロメータはいろいろある。お金持ちというと高収入というイ …

kanjo6643
感情的になれないとお金持ちにはなりにくい

 人は感情に大きく左右される動物である。これがマイナスに作用すると非常によくない …

a0002_006826
あぶく銭の使い方をめぐるホントとウソ

 宝くじでちょっとした金額が当たった、思わぬ臨時収入があったなど、想定しなかった …

0e902077_s
100円ショップで分かるお金持ちのセンス

 読者の皆さんは100円ショップに対してどのようなイメージを持っているだろうか。 …

Image2
お金持ちになる人は昔の話をしない

 人は誰でも昔の話を懐かしむことがある。だが人によって昔の話題が多いタイプと少な …

PHM11_0627
お金持ちを批判する人がカモにされやすい理由

 ウォーレン・バフェットは間違いなく世界トップクラスの富豪といってよい。 だが彼 …

kurugumanabe
クルーグマン教授のオフレコ破りから考えるお金持ちになるための交渉術

 オフレコが前提で安倍首相と会談した経済学者のポール・クルーグマン教授が、会談内 …

ikarifuman5007
お金持ちは怒るが、貧乏人は不満に思う

 怒りと不満は似ているようだが、かなり違う。お金持ちになれる人は、それをオモテに …