お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

チビ・デブ・ハゲには逆らうな

 

俺はハゲでもカッコイイゼ!

 「チビ・デブ・ハゲには逆らうな!」これは、苦労人の実業家にして現在では資産家として悠々自適の生活を送る関西在住のG氏が語る格言である。

 実際にチビなのかどうかが問題なのではなく、コンプレックスは人間にとって大きな原動力になることのたとえである。
 コンプレックスを持った人間は、見返してやりたいと努力するだけでなく、普通の人には見過ごしてしまうことも、気がつくことがよくあるのだという。

 確かに本人は気づいていなくても、人を傷つける発言をしてしまう人は多い。悪口は言われた人にしか分からないことも多いのだ。コンプレックスを持っている人は、他人の発言に傷つくことも多いが、その分、人間の本質を見極めやすい。

 必死に努力し、かつ普通の人には見えないものが見える人は成功する確率が高くなる。逆にいうと敵にすると怖い。G氏は強いコンプレックスを持った人間には逆らわないようにするのだという。

ソフトバンクの孫氏が成功するワケ
 またG氏は、多かれ少なかれ、人間は誰でもコンプレックスを持っていると考えている。そこでG氏は、人に会うと必ずその人は何にコンプレックスを感じる人種なのかを、何気ない会話を通じて探るのだという。

若い時からその才能と頭髪は変わらない!

 もし、コンプレックスにつながる要素が何も見つけられなかったら、その人は何かを隠していると考えて、警戒して付き合うそうだ。

 ちょっと極端だが、G氏の人物判定方法はなかなか鋭いものがある。

 話は戻って、ハゲの億万長者というと真っ先に思い浮かぶのが、ソフトバンクのトップにして世界的億万長者の孫正義氏だ(孫さんすみません)。

 孫氏の身長は推定だが160センチくらい。けっこう若いときから頭は今の状態に近かったので、お世辞にもイケメンとはいえない青春時代だっただろう。だが不思議なもので、億万長者となった現在の孫氏の風貌は風格漂うものになっている。

 もっとも孫氏は、在日韓国人の生まれだったため、多くの差別を受けて育ってきた。彼の反骨精神や起業家精神はそこで養われたものであり、容姿のコンプレックスなどどうでもよいレベルだったかもしれない。

 孫氏に直接話を聞いたわけではないの本当のことは分からないが、実は孫氏にはもうコンプレックスなどないかもしれない。なぜなら、お金持ちになるとコンプレックスの大半がきれいさっぱりなくなるといわれているからだ。

お金持ちになるとコンプレックスがなくなった理由
 「いやあ。いままで自分が感じていたコンプレックスは何だったのだろうという感じです」と笑うのは、都内に住む起業家U氏だ。
 U氏は中堅大学を卒業して、営業の仕事に就いた後、その会社を辞めて独立した。抜群の営業力を生かして業績を拡大し社員50人を抱える中堅企業に成長した。そこで得た資金をもとに、立て続けに3つの新しい事業を起こし、どれも順調に成長して、現在ではセミリタイアしている。

 「サラリーマンをしている時までは、自分の学歴にものすごいコンプレックスがありました。いつも人から見下されているような気がしていました。ですが、会社が成功してお金持ちになってみると、それがスッと消えてなくなっていたのです」(U氏)。

 U氏は自分では気がついていなかったが、U氏の中では、高学歴とお金持ちになることが結びついていたのだ。確かに日本では、勉強が出来ていい学校に入れると、いい会社に就職ができて、いい給料がもらえるという思考パターンを小さいころから叩き込まれる。

勉強するとお金持ちになれるんだって!

 だが、実際は、いい会社に就職できたところで、たいしてお金持ちになれるわけではない。苦労して高学歴を得たお勉強エリートは、その事実を受け入れたくない。そのために、やたらと学歴ばかりが強調されるという結果になる。

 U氏は高学歴が欲しかったのではなく、本当はお金持ちになりたかったのだ。お金持ちと高学歴が意味もなく結び付けられていたので、高学歴でなかったU氏は激しいコンプレックスを持ったのである。

 だが、U氏は努力の結果、お金持ちになることができ、自分本来の欲求を満たすことができた。すると、U氏にとって高学歴など、もうどうでもよくなってしまったというわけである(学歴とお金持ちになることの関係は、「勉強ができると金持ちになれないという「噂」を検証してみる」の回を参照してください)。

自分とのミスマッチが一番不幸なこと
 全員がそうではないだろうが、学歴エリート呼ばれる人の中にも、実はお金への欲求が極めて強いという人は多い。そしてその多くがそのことを自分でも気づいていない。

やっぱりロレックスが欲しい

 エリート公務員がつまらない賄賂を受け取って処分される事件や一流会社の社員が高級時計を万引きするケースなどが報道されることがある。なんで!と思うような話だが、お金に対するコンプレックスと考えると説明がつく。

 勉強エリート君は「まじめ」なので、先生や親から勉強すればいい生活ができると教えられると、まっしぐらに努力する。長年の受験勉強に耐えて入った一流会社の給料では、実は思ったほどお金持ちにはなれない。

 一方で、中卒だが商売で成功した人は若くしてベンツに乗り、ロレックスの時計をしている。この事実に折り合いがつかないのだ。

 この勉強エリート君は、本当はお金持ちになるための努力をすべきだったのだ。

 今回は、コンプレックスがお金持ちになる秘訣という話なのだが、それ以上に、自分に合った生き方をすることはものすごく大事なことのようだ。

【参考記事】
宗教を信じているとお金持ちになれる?
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

ikehaya
ノマド的生き方でお金持ちになれるか?

 最近ノマド的な生き方に関する議論が熱い。メディアではノマド的な生き方をしている …

satsutaba7744
まとまったお金を持っていることの意味

 同じお金でもまとまったお金とそうでなお金とでは、その意味がまるで異なってくる。 …

kauntodaun
お金持ちの人は自分の死を数字にできる

 お金持ちの人にとって時間は何よりの貴重品である。したがって自分が死ぬまでにどの …

EF052_L
日本はお金持ちが多いというのは本当か?

 日本は平等な国だと思われている。アメリカは貧富の差が大きく、日本は皆が中流階級 …

a0002_007180
苦労した人がお金持ちになりやすいワケ

 苦労が多かった人はお金持ちになりやすいといわれているが、それは大筋合っている。 …

a0002_006826
あぶく銭の使い方をめぐるホントとウソ

 宝くじでちょっとした金額が当たった、思わぬ臨時収入があったなど、想定しなかった …

roudoujikan512
年収が高いほど労働時間が短い?

 サビ残という言葉に代表されるように、日本の職場は長時間労働が多いといわれている …

PHM11_0627
お金持ちを批判する人がカモにされやすい理由

 ウォーレン・バフェットは間違いなく世界トップクラスの富豪といってよい。 だが彼 …

jocho8411
お金持ちは情緒ではなく情報を求める

 世の中には、書籍、雑誌、ネットなど数多くのコンテンツが存在している。こうしたコ …

a0002_008026
お金持ち脳は30代までに決まる

 お金持ちになる人はフツーの人とは思考回路が異なっている。フツーの人と同じように …