お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

「お金に色はない」の本当の意味

 

 お金に色はないとよくいわれる。多くは汚いカネでもキレイなカネでも懐に入ってしまえば同じという意味だろう。確かにこれは正しい。だがこの話を、お金持ちは卑怯なことをしてお金を稼いでいるという意味に理解していてはお金持ちになることはできない。お金に色はないというのは、むしろお金の使い方のことを指しているのである。

お金持ちはなぜお金の入りを区別しないのか?
 お金で成功している人の多くは、お金の種類を区別していない。サラリーマンの場合には、毎月振り込まれる給料しか基本的にはお金の「入り」はないので、定期的に入ってくる収入とそれ以外の収入に区別しがちだ。だが自分で事業をしていたり投資をしている人は、日々様々な形でお金が入ってくる。

 その中には定常的な収入もあったり、投資した株が急騰して大金が入ったり、あるいは大変な苦労をした結果のはした金だったりと様々だ。チャンスはいつめぐってくるか分からないし、逆にいつ失敗してお金を失うのかも分からない。そもそも定期的に確実に収入があるとこと自体が幻想なのである。
 そうなると、入ってくるお金に色を付けることには、あまり意味がなくなる。むしろ大事なのは、今持っているお金をどう使うかである。

 お金の出費については、収入と異なり100%自分がコントールすることができる。しかも上手なお金の使い方をすれば、次の収益につながってくるのだ。だからお金持ちは、お金に色をつけることなどしない。お金の使い方に全神経を集中させる。

お金は「入り」よりも「出」の方が重要
 そう考えると、パチンコで臨時収入があったからちょっといいものを食べる、思いのほか出費が安く済んだのでちょっと贅沢する、などという行為はいかに無意味なことなのかが分かる。
 これは定期的に収入があり、しかもその定期収入は十分な水準ではないからこそ意味があるのだ。お金持ちにとっては、思いがけない大金が入ってくることや不定期な支出は日常茶飯事であり、ちょっとしたお祝い事をするきっかけにはならないのである。

 さらにあぶく銭なのでハデに使ってしまえなどというのは、まさに愚の骨頂である。

 お金の入り方で出費の仕方を変える人は、完全にお金の「入り」にばかり目が行っている。

 お金が入ってくることに対して、気になって気になってしょうがないのである。これではお金に振り回されてしまうのも仕方がないことか。

 お金は「入り」ではなく「出」の方が重要である。ではお金の「出」についてどのようなポリシーを持てばよいのだろうか?それは「必要なものには惜しみなく出費する」というものである。欲しいものに出費していたのでは、ただの浪費である。金額の多寡ではなく、徹底的に「必要なもの」にだけ出費することができれば、それは確実にお金持ちに近づくステップとなる。
 
 もちろん何が必要で何か必要でないのかを判断するのは難しい。天性の才能でそれができる人もいるが、努力を要する人もいる。トレーニングは今日の買い物から始まっているのである。

【参考記事】
お金を儲けるとはどういうことか?
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

sainodoryoku
成功者が不幸なのは、自分の限界を理解できるから

 筆者はよく、お金持ちはあまり幸せではないと述べている。だがそれは、一般的に言わ …

FQ092_L
お金持ちになりたければ年配者の意見は無視しろ

 年配者の意見には耳を傾けるべきというのは一般によく言われていることだが、ことお …

a1180_002525
お金持ちになれない人の発想法

 よほど運のいい人でなければ、何もせずにお金を儲けることはできない。ということは …

HAKO
ご祝儀は奮発した方がよいのか?

 お金持ちの人は、結婚式などのご祝儀は相場よりも多めの金額を渡すことが多い。大き …

EG166_L
趣味に凝る人はお金持ちになれない

 お金持ちで趣味に凝っている人は多い。だがその多くは、生まれつきお金持ちか、お金 …

a1640_000052
つまらないプライドを捨てられない人はお金持ちになれない

 人間のプライドは非常にやっかいなものである。プライドはうまく作用すれば非常に有 …

kibunntenkan
お金持ちは日曜日が嫌い?

 お金持ちの人は日曜日が嫌いだ。これは比喩であって、日曜日という曜日が嫌いという …

yasasi7001
お金持ちが交渉相手に対して優しいことが多い理由

 お金持ちの人は、思いのほか、交渉相手に対して優しく接することが多い。もちろんこ …

rokkufera
ロックフェラーを陰謀論として理解しているうちはお金持ちになれない

 ジョン・ロックフェラーは、歴史上もっとも多くのお金を稼いだ人物として知られてい …

nihonmazusi87
公務員がなぜセレブになってしまうのか?

 消費社会研究家で「下流社会」などの著書がある三浦展氏によると、このところ公務員 …