お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

海外に行くことがグローバル化だと思っている人はいつまでも貧乏なまま

 

 最近は企業のグローバル化やアジア進出の話題で持ちきりである。これからは世界で勝負しないとメシが喰えない時代だといわれている。確かにその通りである。経済のグローバル化は急激な勢いで進んでおり、これを無視して事業や投資をすることなどナンセンスだ。だがグローバル化とは外国に行くことだと考えているような単純な人は、お金持ちからはほど遠い立場にいる。グローバル時代であるならば、グローバル基準で物事を考えなくてはいけない。

グローバル基準で物事を考えると?
 グローバル化とは文字通り、地球規模でものごとを考えたり事業や投資を行うことを指している。グローバル経済の中には、当然日本も含まれている。グローバルに物事を考えるためには、足元の日本市場について地球規模で見るとどういう存在になるのか理解する必要がある。

 その国の市場規模をもっとも明確に示す指標はGDP(国内総生産)である。日本のGDPはどのくらいあるのかというと約500兆円ある。もっとも大きいのは米国で1300兆円、2番目は中国の680兆円で、日本は世界で3番目である。全
 世界のGDPは7000兆円あるので、日米中の3カ国で全体の35%を占めていることになる。
 それ以外の国は、大国といええども、ドイツ(270兆円)、フランス(210兆円)、英国(200兆円)といった具合に一回り小さくなってしまう。欧州は各国を統合すると、1000兆円となり、ようやく中国を追い越すレベルだ。
 グローバルに見ると、米、欧、中、日は突出した巨大市場なのである。つまりグローバルにビジネスや投資を展開するということは、この4つの市場を制覇することを意味している。

 もっとも4つの市場のうち中国はまだ途上国である。1人あたりのGDPで見ると中国は日本や米国の5分の1しかない。単純にいえば1人あたりのGDPは平均的な年収のようなものである。日本や米国は平均すると400万円程度の水準があるが、中国は80万円程度ということになる。人口が多いので、まとまると大きな数字になるというわけだ。

年収80万円の人には、おいそれと自動車は売れない
 年収400万円の人と80万円の人と、どちらにモノやサービスを売った方が売りやすいだろうか?当たり前である年収400万円の方だ。年収80万円の人に200万円の自動車を売ろうと思ってもそうそう売れるものではない。だが400万円の年収がある人には比較的売りやすいだろう。

 つまりある程度規模があって、顧客が買い物をする余裕がある市場ということになると、世界には米国、欧州、日本の3つしか存在しないことになる。
 だが国境を越えるとコストは大幅に上昇するを忘れてはいけない。
 まず移動に時間コストがかかる。物資の輸送にもコストがかかり、通関などで大きなロスが発生する可能性がある。通信費も必要になるし、言葉の問題も生じてくるため、コミュニケーションにも時間がかかる。
 日本国内の取引よりもはるかに高い利益率が見込めない場合には、海外との取引は利益を上げられないことが多いのだ。しかも国が違うと法的なリスクも増え、ますます高い期待利益が必要となってくる。それほどの高い期待利益を持つビジネスチャンスなど海外だからといってそうそうあるわけではない。

グローバルな視点があるなら、まず日本
 総合して考えると、日本に住んでいる人の場合、グローバルに見てもっとも効率のよい市場は日本ということになる。海外にばかり目が行っている人は、実はグローバルな視点が欠落しているのである。これが台湾や香港ならば話は別である。自国の市場は小さく、海外に目を向ける以外に方法はない。だが、日本、欧州、米国に住む人にとっては、グローバルな視点を持つならば、まず自国市場なのだ。

 自国市場をすで開拓し尽くした場合、あるいは商品やサービスの性質上、日本では事業を行えない、あるいは日本には有効な投資対象がない場合に限って、海外に目を向けるというのが正しい。今はインターネットで簡単に情報収集ができる時代である。グローバル化というと外国のことばかり思い浮かぶというのは、発展途上国的な思考回路であり、グローバルな視点とはいえないのである。特殊な運や才能を持っている人は別として、凡人がお金持ちになるためには、合理的な思考回路が必要である。グローバル経済についても合理的に判断しなければならない。

【関連市場】
英語ができるとお金持ちになれるのか?
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

0002
脱税で逮捕された丸源ビルオーナーに見る独特のお金持ち哲学

 全国の繁華街で飲食店ビル「丸源ビル」を展開する不動産会社グループのオーナーであ …

jikannochigai7496
今の1時間と将来の1時間は異なる

 人間は必ず年を取るものである。当たり前のことなのだが、多くの人はそれを考えない …

teburuhaichi
お金持ちは食事の際、相手の正面に座らない

 お金持ちが食事の場を重視していることはこのコラムで何度も論じてきた。会食は、相 …

honpickechi
ピケティから何を学ぶか

 フランスの経済学者トマ・ピケティの著作「21世紀の資本」が話題となっている。7 …

FS040_L
お金持ちの変化に対する考え方

 お金持ちになれる人はほぼ例外なく変化を受け入れることに柔軟である。これは当たり …

narikin
お金持ちにホンモノもニセモノもない

 世の中の多くの人が成り金を嫌っている。確かに、これ見よがしにブランド物を身に付 …

EY005_Lkakugo01
お金持ちとそうでない人を分けるもの

 お金持ちな人とそうでない人を分けるのは、当たり前のことだが、お金を持っているか …

Image6
お金持ちへの道から遠ざけてしまうNG会話

 わざわざ自分をお金持ちから遠ざけてしまうようなNG会話が染みついている人がいる …

a0055_000748
お金持ちはゲーム感覚を大事にする

 お金持ちになれる人は、お金儲けをゲーム感覚でやっていることが多い。ここでいうゲ …

a0001_013856
お金持ちになりたければ、世の中が不公平であることを自覚すべし

 この世の中は不公平なことばかりである。残念だがそれが真実だ。 だがお金持ちにな …