お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

高利貸しが儲かると思っているようではお金持ちにはなれない

 

 銭ゲバの象徴ともいえる高利貸し。非合法のものはヤミ金、合法だがかなりドギツイのが街金、もう少し規模が大きくてスマートになると消費者金融という言い方になる。高利貸しに対する世論の批判は激しく、消費者金融は事実上、国家権力によってつぶされてしまった。だが高利貸しは本当に儲かるものなのだろうか?高利貸しに対してどのような印象を持つのかでお金持ちになりやすい体質なのかどうかが分かるのだ。

高利貸しはお金儲けの基本から外れている
 お金儲けの基本は「カネを持っているヤツをターゲットにすること」である。不動産ビジネスを例にとれば、価格が数百万円のワンルームマンションなんかを売っているよりも、億単位の高級物件を売った方が確実に儲かる。金額が小さいと儲けの絶対値が小さく、数をこなさないと十分な数字にはならないのだ。

 もちろん金額の小さな案件にもチャンスはある。ワンルームマンションのビジネスも、大量に、しかもシステム化して販売すれば大きな金額になる。だがそれには大きな初期投資が必要となることから基本的に大企業に向いている。貧乏人相手のビジネスは大資本に有利なのである。
 お金儲けでもう一つ大事なことは資金繰りである。先にお金が出て行くビジネスはあまり美味しくない。顧客から先にお金がもらえるビジネスがもっとも美味しいのである。出店者からまず出店料を徴収してしまう楽天は、いかに美味しいビジネスかということがわかる。
 
 この点からすると、高利貸しは明らかに貧乏人を対象にしたビジネスであり、本来はあまり儲かるものではない。例えばヤミ金に手を出す人に20万円を貸すことを考えてみよう。そもそもヤミ金に手を出している段階でかなり追い込まれている。貸したお金は別の会社の返済に回る可能性が高い。そうなると、自分が貸した金を返してもらうためには、また別の会社からお金を借りさせることが必要となり、最後はババ抜きゲームとなる。最後に破産した時に貸していた会社が負けである。これはあまり効率のよいビジネスではない。

先に資金が必要となり、しかもリスクが高い
 また高利貸しは資金繰りという観点からもマイナスだ。顧客に貸し出すお金を先に用意しなければならない。初期投資の金額が思ったよりも大きいのだ。

 しかも上限金利を超える金利を取ったところで、元本が返済されないと大変なことになる。10万円貸して、25%の金利を取ったとしても、貸し倒れてしまうと、その元本を取り返すためには、別な客を探して40万円も貸さなければならない。

 かといって50%や60%という超高金利では顧客がビビッてなかなか借りてくれない。この金利で借りる顧客はまちがいなく破産寸前である。高利貸しは回収できない時のリスクが極めて大きいのである。

 したがって高利貸しが儲かるようにするためには、大資本を使って効率よく資金を調達し、どこまでなら貸し出しても安全かをシステムを使ってシミュレーションする仕組みが必要となる。それを実現したのがサラ金という業界なのである。

 逆に考えると小規模な高利貸しほど効率の悪い商売はない。もし高利貸しの人を本当に銭ゲバと思っているなら、あたなのお金持ちセンスはまだまだである。
 人が仕事を選ぶ基準にはいろいろある。儲かるか儲からないかを徹底して考えて仕事を選択する人は意外と少ない。多くがたまたまその仕事を選んだということが多いのだ。高利貸しもたいていそのような理由である。たまたまその業界に入り、その業界しか知らないので、高利貸しのビジネスを続けている。
 徹頭徹尾、儲けることだけを考えているなら、よほどのことがない限り、この業界には参入しなかったはずだ。

【参考記事】
物事を単純化できるとお金持ちに近づく
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

idenef55a_s
お金持ちは遺伝するか?

 お金持ちの子供はお金持ちになりやすいと言われる。筆者の実感でもそうだ。実業家の …

Image3
「お金に色はない」の本当の意味

 お金に色はないとよくいわれる。多くは汚いカネでもキレイなカネでも懐に入ってしま …

kome001
生産性が高いということ

 「コメ作りをやっていると人口が減る」という秋田県知事の発言がちょっとした話題に …

kurugumanabe
クルーグマン教授のオフレコ破りから考えるお金持ちになるための交渉術

 オフレコが前提で安倍首相と会談した経済学者のポール・クルーグマン教授が、会談内 …

koutujiko
お金持ちになれる人は、特権に対する解釈が違う

 先日、TBSの記者が万引きで逮捕されるという事件があった。今回のケースにおいて …

kwagoe
川越シェフ騒動から考えるお金持ちの振る舞い

 テレビでも人気の川越シェフが、顧客からのクレーム・コメントに雑誌で反論した内容 …

ennkikinouImage2
演繹法と帰納法、お金持ちになれるのはどっちだ?

 人間が何かを考えて問題を解決する場合には、二つの方向からの進め方があるとされて …

shuinojokyo664
お金持ちは周囲に対する観察力が鋭い

 お金持ちの人は、周囲に対する観察力が鋭い人が多い。くだらない話をしていても、常 …

a0002_010290
お金持ちの人は常に一定の調子を維持する工夫をしている

 人は常に一定の調子を維持できるタイプと調子にムラがあるタイプに分かれる。調子に …

sakaduki
会社のカネで飲むな!

 このようなご時勢なので、経費がバンバン落とせる会社はそう多くはないだろうが、そ …