お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

5000万円から変わるお金の価値

 

 以前このコラムで、資産5億円もしくは年収3000万円を突破すると、価値観がガラっと変わり、いわゆるお金持ちの思考回路ににるということを述べた(「いくら以上持っていればお金持ちなのか」を参照)。
 だがここまでハイレベルではないが、やはり思考回路が変化する金額というのは存在する。それは資産5000万円である。この金額を超えるか超えないかで、人の価値観は大きく変わることが多い。

5000万円というひとつのカベ
 親から相続した土地が再開発され、4000万円ほどのまとまったお金を手にしたEさんは、その運用方法をめぐって何人かの専門家に相談した。

 Eさんは50代後半でそろそろ定年も近い。ローンを組んで中古マンションを購入しており、そのローンも間もなく終わる。かなり恵まれているほうではあるが、やはり老後が心配だ。Eさんとしては自分の貯金1000万円と合わせて5000万円を何とか運用したいと思っている。

 だが税理士やファイナンシャル・プランナーなど、自称専門家と称する人に何人か相談しても、Eさんは納得できなかったという。
 Eさんは5000万円を絶対に減らしたくないと考えている。だが5000万円では5%で運用できたとしても250万円であり、それだけで十分に生活することはできない。実際には5%の運用は難しく3%程度と見た方がよいから、実質的には150万円の投資収入ということだ。

税理士やFPはお金の専門家であってもお金持ちではない
 税理士やファイナンシャル・プランナー(FP)の人は、5000万円を運用しながらも、それを取り崩していくことを勧めてきたという。だがEさんは頑なにそれを拒否し、何とか5000万円で運用できないかと聞き返し、埒が明かない状態となっていた。

 失礼な話ではあるのだが、税理士やファイナンシャル・プランナーはお金の専門家といはいっても、内実はただの庶民である。自分自身で大金を持った経験はない。お金持ちの気持ちが分からないのである。

 Eさんはお金持ちとしては、かなり貧乏な部類に入るのかもしれないが、まぎれもなく思考回路はお金持ちの仲間入りをしたのだ。5000万円は運用するには確かに少ないが、運用でそれなりに稼げるギリギリの金額である。それだけの資産を手にしたEさんはどんなことがあっても絶対に減らしたくないのである。

 これが1000万円や2000万円という金額であれば、運用してもたかが知れており、貯金を取り崩して生活する以外に方法はない。だが4000万円から5000万円を超えてくると、運用できる希望が少しだけ見えてくる。
 金持ちがお金をなくす恐怖は他人には想像できないほどだといわれるが、Eさんもその末端ではあるが仲間入りしたのである。

資産を守るために働く?
 人づてにEさんを紹介された私は、ハッキリとEさんに伝えた。
 「残念ながら今の金額では運用だけで生活するのは無理です。下手をすると資産をなくしてしまいます。ですが、その5000万円を絶対に失いたくないという気持ちはよく分かります。厳しいようですが本気で資産を守りたいと思うなら、定年退職後、年金が支給される年齢までは、どんなに安月給でつらい仕事でも再就職をして、そのお金には手をつけるべきではありません」

 Eさんは一瞬つらそうな顔をしたが、その後は吹っ切れて「実は私も内心そう思っていました。実にスッキリしました。どんなに厳しい条件でも働きます」といって笑顔で帰っていった。

 実際にEさんが5000万円を取り崩して生活したところで、生活が破綻することなどあり得ないだろう。病気になってもほとんどが健康保険でカバーできるし、ローンも終了している。だがEさんは5000万円の資産を守るため、どんなキツイ仕事でも取り組むといっている。
 これもお金持ちのもうひとつの側面なのである。

【参考記事】
お金で解決することの是非①
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0001_016474
頭で分かっているというのは分かっていない

 人間の理解には2つの段階がある。ひとつは理解したつもりになっている段階と、もう …

EU011_L
お金持ちになる人は若いうちから贅沢を経験している

 生まれつきお金持ちの人は当たり前として、後からお金持ちになった人も、多くが若い …

bitcoin001
ビットコインに対する見方でお金持ち体質かが分かる

 東京にあったビットコインの取引所が破綻した事件をきっかけに仮想通貨であるビット …

tegamitegaki
手書きの手紙で依頼する人は仕事がデキないという発言をどう理解すべきか

 手書きの手紙で依頼してくる人は「仕事ができない人」だという、若手社会学者・古市 …

supido6547
ますます重要となるスピード感

 お金持ちになるためには、スピード感を持つことがますます重要となってきている。物 …

Image2
人に褒めてもらいたい病から脱却せよ

 人は誰かに褒められると気分がいいものである。人から褒められることが努力のインセ …

nihonmazusi87
公務員がなぜセレブになってしまうのか?

 消費社会研究家で「下流社会」などの著書がある三浦展氏によると、このところ公務員 …

ikarifuman5007
お金持ちは怒るが、貧乏人は不満に思う

 怒りと不満は似ているようだが、かなり違う。お金持ちになれる人は、それをオモテに …

kasoukuukanmoney
お金持ちは、目の前にあるお金とバーチャルなお金を分けて考えない

 お金に縁がない人はリスクを取るのが苦手と言われる。だが一方で、多くの日本人が、 …

aisaa
自動車ドロボーから下院議員になった男

 前回のコラムでは、趣味に凝るタイプの人はお金持ちになりにくいという話を書いた。 …