お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちはお金持ちなりに大変なのだ

 

高級マンションと高級車は昭和人のあこがれ?

 お金持ちにとって、そうではない人とのコミュニケーションは大きな負担となる。

 日本は同質社会なので、お互いが同じ境遇であることを無意識に前提として相手に強要する傾向がある。
 フツーの人はこのことを何も意識しないのだが、お金持ちの人にとっては違和感を感じるのだという。

 都内に住む資産家のMさんは、大学の同級生たちとの飲み会が苦手だ。Mさんは地方の出身で東京の大学に入学した。卒業後は田舎には戻らず東京でサラリーマンをしている。
 
 大学時代や社会人になったばかりの頃は、まわりの友人とは何の隔たりもなく付き合うことができた。だが、状況が少し変わり始めたのはMさんが結婚しマンションを購入したころからだ。

30歳を境に友達との関係が変化する
 Mさんはいわゆる成り金タイプの人ではない。比較的地味なメーカーに勤めていることもあり、見た目は普通の上品なサラリーマンである。

 ただ、Mさんは田舎の両親の進めもあり、結婚して子供ができてから、都心の広いタワーマンションに移り住んだ。もちろんMさんの実家は資産家なので、ローンは組まずにキャッシュで購入である。また奥さんが子供を送ったり買い物をするだろうとクルマも大きめの高級SUVを買った。

フツーの人は郊外で長距離通勤

 20代の後半から30代に入ると結婚やマイホームを購入する人が増えてくる。この頃から、まわりの友人達との違いが顕在化してきたというわけである。

 多くの友人達は、30年ローンで郊外のマンションを購入している。最近は無理してローンを組まず賃貸のままでいる人や自家用車にも興味を示さない人が増えてきたが、Mさんの奥さんはいわゆる専業主婦で、2人が望むライフスタイルはいわゆる昭和的なものだ。
 そうなるとどうしても、家とクルマということになってしまい、同じ価値観を持つ人にとっては、都心のタワマンと高級SUVはあまりにも眩しく映る。

ローンの自虐ネタが出てくるとピンチだ!
 お互いに口に出してはいわないが、友人達とは明らかに距離感ができてしまったという。それを一番感じるのは、飲み会で「ローン地獄の自虐ネタ」が出てきたときだそうだ。

 「いやー、オレも30年間マンションの奴隷だよ」
 「もしオレが今死んだら、ローンはチャラになってヨメさん喜ぶかも」
 「俺もお前も完全に守りに入ったな」

 ひとしきり自虐ネタを披露し合った後に、ハッとMさんはそうではないことに気づき「お前は立場が違うからなあ」とボソっと言われてしまう。最後に勘定を割り勘するときも「またムダ金を使ってしまった(笑)!止められないんだよな」などのセリフのあとに「あ、お前は関係ないか!」と一言加わってくる。

 今はまだ子供が小さいが、小学校受験などをする年になった先のことを考えると、ますます話が合わなくなるかもしれない。相手に悪気はないのは分かっているが、最近はなんとなく昔の友人との飲み会には足が向かなくなっているという。

同級生からの電話で陰鬱な気分に
 昔の友人との微妙なスレ違いだけならまだよいが、資産家として有名になってしまったTさんの場合はさらに大変だ。TさんはFX取引きで大成功し、いきなり億単位のお金持ちになった。匿名だがブログに投資のことを書いていたことからマスコミの取材を受け、顔出しはナシで雑誌に出ることになった。

昔は同じだったのに!

 顔は出していないが、分かる人には分かってしまう。
 取材を受けた後にマズイと思ったが後の祭り。Tさんの出身地ではすぐにウワサが広まり、皆が知ることなった。
 雑誌が販売されてから1週間で5本も電話がかかってきた。全部Tさんの同級生からだ。

 うち1本はこんなやり取りだった。同級生S君「○×小学校のSだけど、あの雑誌の人はT君だよね?」T君「そうだよ。それにしても久しぶり!今度帰ったら会おうよ」同級生S君「・・・ああ。そうだね・・・またね」ガチャン。

 もう1本は「○×中学のRですけど。いやーあのT君がこんなに活躍して有名になるなんて嬉しいね。僕も今、自己啓発を一生懸命やっているところで・・・・×○○××・・」(約5分間)。

 あとの3本も似たり寄ったりだったらしい。

 S君はおそらく、雑誌に出たのはT君であって欲しくなかったのだ。だが、意を決して電話をしたらやはりT君であった。それを知ったS君はもう会いたくなくなったのだ。R君も同じである。R君はたぶんいろいろとうまくいっていないのだろう。T君が成功したことを知って、それを共に喜んでいると信じることで心のバランスを取っているのだ。

 T君はそれ以来、あまり実家に戻りたくなくなった。お金持ちの人は、まわりに同じ境遇の人が少ないため、気楽にグチなどをこぼすことができないという。お金持ちはお金持ちで大変なのだ。

【参考記事】
お金持ちから学ぶ見栄の張り方
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

akushu001
相手から言わせるお金持ちのテクニック

 お金持ちの人は、文字通りお金に余裕があるので、ゆったりと構えた交渉ができる。ま …

a0006_000859
お金持ちは命を数値化する

 前回は、生命保険への加入を検討していたCさん夫妻が、日本人の死亡率のあまりの低 …

a0002_006826
あぶく銭の使い方をめぐるホントとウソ

 宝くじでちょっとした金額が当たった、思わぬ臨時収入があったなど、想定しなかった …

sinnjitu2147
お金持ちにとって、真実とは自分の外にあるもの

 真実は世の中にひとつだけと思われているが、実際は違う。人によって真実の定義が違 …

monogayoi5512
いいモノを作れば売れるという話はなぜ間違っているのか?

 ビジネス世界では「いいモノを作れば売れる」という考え方と「いいものが売れるとは …

Image2
ただ変化すればよいというものではない

 お金持ちになるためには変化に対して柔軟であることが必要といわれている。確かにそ …

gakkou
学校教育の呪縛から解放されないとお金持ちにはなれない

 日本人は学校教育が大好きである。勉強が好きなことは悪いことではないが、学校教育 …

aisaa
自動車ドロボーから下院議員になった男

 前回のコラムでは、趣味に凝るタイプの人はお金持ちになりにくいという話を書いた。 …

kyaba
粋(いき)なお金持ちは六本木には現れない?

 六本木でキャバクラ嬢をしているN代さんは、最近特にグチが多い。不景気が続いてい …

yume0025
夢を持てという人を信用するな

 夢を持つことは大事だといわれる。ネットやテレビを見ても夢を持たなければいけなよ …