お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ち脳は30代までに決まる

 

 お金持ちになる人はフツーの人とは思考回路が異なっている。フツーの人と同じように発想してお金持ちになれるのだったら皆お金持ちになっているはずだ。
 人と違う発想にこそ儲けの源泉がある(人と違う発想はリスクの元でもある。結局お金持ちになるためにはリスクを取らなければならない)。だが生まれつき才能がある人はともかく、そうでない人がお金持ちの思考回路を身につけるためには、頭が柔軟なうちにトレーニングしなければならない。お金持ち脳には年齢制限があるのだ。

お金持ち脳の年齢制限は30代前半
 お金持ち脳の年齢制限は一般に30代前半といわれている。それ以降になるとアタマが固くなり、新しい発想を受け付けなくなってくるのだ。

 10代のうちは、多少の差があるかもしれないが、基本的に皆ガキである。10代のうちからお金儲けの才覚を現す人もいるが、そのような天才でない限りは10代はフツーにしていてよい。

 問題は20代の過ごし方である。半数以上の人は何らかの形で会社などの組織に入って働くことになる。社会人になりたての頃は、学生の時と違って理不尽に思えることも多く、仕事も面白くないことがほどんどだ。だがこの時期がお金持ち脳を作る上で非常に大事である。この理不尽さやつまらなさの感覚をどこまで持続でき、それを打開するため行動に結び付けられるかでその後の人生は決まる。

 ほとんどの人は数年で社会人になりたての頃の反抗的な意識を徐々に忘れ、従順なサラリーマン(社畜)に変貌していく。20代の後半になると、自分の殻を破る勇気はほとんどなくなり、飲んだ時に愚痴るくらいになってくる。だが20代までは、理想の自分と現実にギャップがあることを認識しているからまだ大丈夫だ。

 問題は30代から訪れる「強烈な自己肯定」フェーズに入ってしまうことである。当初は生活のためと言い聞かせていたサラリーマン生活が徐々に心地よくなり、自らの人生を強烈に肯定するようになってくる。30代の後半ともなると、完璧な社畜が完成し「最近の若いヤツは!」などと説教をするようになる。

自己肯定フェーズに入ってからの転換はほぼ不可能
 このフェーズに入ってからお金持ち脳に転換するのはほぼ不可能である。これまでの経験と価値観が頭脳のほとんどを占め、新しい考えが入ってこない。また以前のイヤなことを都合よく忘れてしまう。

 例えば同じ会社に勤め続けることは、安定でもあるが、1つの会社に人生のすべてを預けるという意味でリスクにもなる。これは価値観でありどちらが正しいというものではない。だが強烈な自己肯定に入ってしまったアタマには、会社にいることがすべてになってしまい、自分と異なる考えはハナから排除してしまうのだ。

若者批判は一種の自己防衛本能
 筆者はバブル世代末期の人間だが、当時は「新人類(何を考えているか分からないという意味)」だの「無気力人間」だのと年配者からさんざん批判された。

 実際、学生の頃は遊ぶことばかり考えていて、まじめに勉強する雰囲気などまったくなかったといってよい。就職活動もテキトーであった。あまり認めたくないが、客観的に見て今の若い世代の方が、かなりマトモである。

 そのような世代の人間が、若い人をつかまえて、最近の新入社員は覇気がないだの、草食系だのと批判しているのを見ると、30代からの自己肯定フェーズというのは、理想と違う自分を正当化するための一種の防衛本能なのだと妙に納得してしまう。

 もしこのコラムを読んでいる人で40歳以上の人がいるならば、チャンスは狭まってしまうが、基本的に自分が活動していたフィールドでのチャレンジを考えた方がよい。他の領域でのチャレンジはリスクが大きいだろう。一方まだ20代の人は、あまり分野にはこだわらない方がよい。
 お金が動く分野や業界は常に変化している。突然新しい分野が登場してくるかもしれない。若いうちは、幅広く情報収集をしておくことの方が大事だ。

【参考記事】
傷の舐め合いサークルには入るな
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a1640_000052
つまらないプライドを捨てられない人はお金持ちになれない

 人間のプライドは非常にやっかいなものである。プライドはうまく作用すれば非常に有 …

kokorogasemai547
お金持ちは心が狭いかどうかは気にしない

 世の中で自分の心が狭いのかを気にする人は多い。ネット上でも、他人から不当なこと …

panasonic03
選択と集中か?それとも分散か?

 かつて選択と集中というキーワードが流行ったことがある。現在でもグローバル経営の …

dokuji
お金持ちの人だけが持つ独特の判断基準

 お金持ちの人たちは独特の判断基準を持っている。  フツーの人は、何かを判断しな …

pojitibu
お金持ちがポジティブ発想なのは精神論からではない

 お金持ちの人は基本的に発想がポジティブだといわれる。これに対してお金がない人は …

inovation20a
イノベーションに対してどの程度敏感であるべきか

 大きなイノベーションが発生する時は、たいがい、お金儲けのチャンスである。お金儲 …

EW068_L
安心を望む人は貧乏、安全を望む人はお金持ち

 最近日本では「安心・安全」というキーワードが氾濫している。大震災以降、その傾向 …

a0002_005490
ブッキングが下手な人は貧乏人

 アポイントの取り方はその人のお金持ち人生を左右するといってもいいくらい大事なこ …

Image4
珍しいものを買う人はお金持ちになれない

 珍しいもの、貴重なものには高い値段が付く。「貴重なものです」といわれるとつい欲 …

a0002_001044
誰が敵なのかを見極める

 ゼロサムゲームという言葉がある。ゼロサムゲームとは、参加者の得点と失点の総和が …