お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちの値段の聞き方

 

 お金持ちの人は自分が貧乏だと思われたらどうしようという感覚がないので、値段を聞くことに躊躇しないことが多い。高額商品の中には、はっきりと値段が明示されないものもある。我々庶民は正面から値段を聞くことに抵抗があるのだが、お金持ちの人にとってはお構いなしである。余裕があるお金持ちならではの強みである。
 だがお金持ちの人は、すべてについて値段をあけすけに聞くわけではない。値段も聞かずに買い物をすることも多い一方で、細かく値段を尋ねることもある。この線引きはどこにあるのだろうか?

値段を聞かずにオーダーできるワケ
 お金持ちの人は、自分の納得具合と相手への信用レベルで、値段を聞く聞かないを明確に峻別しているようだ。筆者と仕事上の付き合いのあったあるお金持ちC氏はは飲食店でほとんど値段を聞いたことがない。

回転寿司は値段が付いているからよいが・・

 C氏と筆者がランチにある寿司店に行ったときのこと。C氏がランチメニューの中から「上」を選択したので、筆者もそれにしたがった。するとC氏は「ヒカリモノをいくつかと、貝を少々、あと大トロをいくつか足しておいてください」とオーダーした。ちなみにC氏はその店は馴染みではない。

 筆者が「値段を聞かなくてもいいんですか?」「やっぱりお金持ちだと気持ちに余裕が出てくるものなんですね」と言うと、C氏は笑って「そうじゃないですよ」と答えた。

 C氏によれば、入った寿司屋はそれなりの体裁の店で、しかもランチなので法外な値段にはならないはずだという。「上」という基本メニューにプラスアルファをオーダーしているわけだから、プラスアルファの部分についても、基本メニューの値段を考慮した水準になるのスジというわけだ。

 またこういうオーダーは店の実力を推し量るにはピッタリだとも付け加えた。会計を済ませたときに、ちょうどいいレベルの値段が上乗せされていれば、その店は相応の実力があると見てよい。

 もし法外な値段が付いていたら、もう二度と来なければよいだけだ。ちなみに、Cさんが良さそうだと感じた店で、法外な値段を提示されたことは今まで一回もないそうである。

重要な買い物とそうでない買い物
 一方自分が納得しないとCさんは徹底的に値段を質問する。
 筆者はCさんのちょっとした商談の場にも同席したことがあるが、商品を進める営業マンが不明慮な説明をした途端にCさんからは質問の嵐となった。

 「それはそもそもいくらの商品なのか?」「この条件を加えるといくらになるのか?」「逆にこれを省くといくらになるのか?」いくらいくらのオンパレードであった。

 ちなみにCさんが質問攻めにした商品はちょっとした金融商品であった。勧められている額はCさんにとっては大した金額ではなかったが、金融商品は自身の資産に大きな影響を与えるものである。生命と財産に関わるものには、小額であっても一切妥協しないという強い意志が感じられた。
 Cさんが病気で入院することがあったら、おそらくそこでも、自分が納得できない治療法は頑として受け入れないであろう。

【参考記事】
人を信じることができないとお金持ちになれない
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

putin0088
アメリカ的なお金儲けとロシア的なお金儲け

 ロシアがウクライナの内政に軍事介入したことで、欧州や米国とロシアの対立構造がよ …

uEV121_L0a
お金を動かすこととお金を儲けることは違う

 世の中ではお金を動かすことと、お金を儲けることがよく混同されている。もちろんお …

FQ092_L
お金持ちになりたければ年配者の意見は無視しろ

 年配者の意見には耳を傾けるべきというのは一般によく言われていることだが、ことお …

konwaku
フローでお金持ちになる方法とストックでお金持ちになる方法の違い

   お金持ちにになるためは2種類の方法がある。ひとつはフローでお金持 …

koutujiko
お金持ちになれる人は、特権に対する解釈が違う

 先日、TBSの記者が万引きで逮捕されるという事件があった。今回のケースにおいて …

kyoyo6547
教養はお金儲けにとって邪魔な存在か?

 下手に教養があるとお金儲けの邪魔になるといわれる。この話に合致する人は、一定数 …

ganko744
人の思考回路はいつから固まるのか?

 お金持ちになるためには、柔軟な頭を持っていることが重要となる。だが、人は年を取 …

copipe005
著作権侵害はなぜいけないのか?

 STAP細胞に関する小保方晴子さんの論文が大きな問題となっている。ここではその …

EQ170_L
言い尽くされたことだが、やはり仕組み作りが大事

 これはお金持ちに関するあらゆる書籍やセミナーで言われており、いまさら紹介するよ …

Image2
人に褒めてもらいたい病から脱却せよ

 人は誰かに褒められると気分がいいものである。人から褒められることが努力のインセ …