お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

年収1000万円はお金持ちではない!

 

 前回はいくら以上から大金持ちといえるのかというテーマだったのだが、結論としては、年収ならば3000万円以上、資産額なら3億円以上が大金持ちといういうことになった。だがこの数字は普通の人にとってはなんとも現実味のないものである。会社勤めをしている人がリッチな生活として具体的にイメージできるのはやはり年収1000万円ではないだろうか?

年収1000万円と500万円の基本的な構造は同じ
 だが年収1000万円は実のところ決してお金持ちとはいえない。筆者は多くのお金持ちを見てきたが、年収が1500万円までは、年収が500万円の人と基本的な生活スタイルが変わらないことが多い。

 もちろん年収が多い分、いいクルマに乗っていたり、旅行に行く頻度が高かったり、ちょっといいマンションに住んでいたりするが、根本的な部分ではやはり中流階級の生活をしている。
 また収入が立たれてしまうと生活な成り立たなくなるという意味では、まったく同じ構図なのである。

 だがこれが3000万円を超えてくると、生活のレベルが本当に変わってくる。例えばグルメが趣味という人は多いが、中流の人はどこのレストランに行ったということが話題の中心である。これは年収500万円の人も1500万円の人も変わらない。
 だが3000万円超えの人となると、ただレストランに通うのではなく、趣味と実益を兼ねてレストランのオーナーになっていたりする。生活の質が根本的に変わるというのはこういうことを指すのだ。
 また3000万円も年収があると貯金も相当な金額なっており、収入が絶たれてもすぐに生活が破綻することはない。

年収1000万円の人がもっともキツイ
 つまり年収1000万円は中流の生活をする上で、少し余裕が出てくるという意味の象徴的な金額でしかないといえる。だが現実はもっと厳しいらしい。年収1000万円の人の家計は収入が低い人よりもずっと苦しいというのである。

 ある経済誌が組んだ富裕層の特集の中で、年収1000万円のプチ(ニセ?)富裕層の悲惨な日常生活がリポートされている。

 年収1000万円の人は、400万~600万円の人に比べて富裕層への憧れが強く、過剰な消費に走っているというのだ。年収1000万円世帯のエンゲル係数が、400万円世帯のエンゲル係数よりも高いというとんでもないデータも明らかにされている(エンゲル係数は世帯収入に占める食費の割合を示したもの。数字が高いほど貧しいといわれている)。

プチ富裕層の聖地「豊洲」

 特に40代で大企業に勤め、奥さんが専業主婦というパターンが一番危ないという。
 このタイプの家庭で必須となっているアイテムは、海外製ベビーカー、高級鍋、ウォーターサーバー、こだわり家電などである。

 どれも目が飛び出るほど高額ではないが、積み重なっていくと相当な出費となる。結果として年収が1000万円もありながら貯金ゼロという状況に陥ってしまう。

 この手の人種は、東京では江東区豊洲あたりのタワーマンションに多く生息しているという。港区の高級マンションには手が出ないが、都心に近いタワーマンションを無理して買っているということなのだろう。一昔前ならば世田谷の田園都市線沿線などにマンションを買っていたタイプの人たちだ。

お金持ちでないならば倹約が一番
 大金持ちになれないのであれば、せめて小金持ちにはなりたいものだが、このような生活ではその実現はほぼ不可能だ。
 だが今はネットという強い味方がいて情報収集は以前よりも容易になっている。マンションもエリアを選んで、中古でもよしとすれば築浅の物件が格安で手に入る時代だ。食材もネット通販を駆使すると驚くほど安く済ませることができる。

 夫婦共働きで年収350万ずつであれば世帯年収は700万円である。堅実に中古マンションを購入し、貯蓄を進めていけば、最終的には1000万円浪費世帯よりリッチになることも夢ではないない。しかも共働きであれば、万が一どちらかがリストラにあったり、病気になっても何とかやっていける。
 何事も中途ハンパが一番よくないのだ。

【参考記事】
お金持ちはどこに住んでいるのか?
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

学歴社会の頂点、東京大学。「最近はブランドが落ちた」と言われ続けて150年
勉強ができると金持ちになれないという「噂」を検証してみる

 下手に学校の勉強ができるとお金持ちにはなれないとよくいわれる。これは本当だろう …

00001
お金持ちは顔に出る?

 以前のコラムで、多くの人はブランド物以外にお金持ちかどうかを判断する材料は持っ …

risukusuji
お金持ちはリスクを数字化できる

 お金持ちは、自分が直面しているリスクを数字にすることができる。逆にお金に縁のな …

panasonic03
選択と集中か?それとも分散か?

 かつて選択と集中というキーワードが流行ったことがある。現在でもグローバル経営の …

kyoryoku9713
お金を稼げない人は、ギブアンドテイクの概念に乏しい

 ビジネスの世界ではギブアンドテイクが非常に重要である。一方的に自分の利益だけを …

kyokan01
共感を望んでいてはお金持ちにはなれない

 世の中には他人からの共感を求める人は多い。リアルな友人関係でもネットのブログで …

a0002_004908
人を「使う」ことができなければお金持ちにはなれない

 特別な能力を持っているごく一部の人を除けば、自分一人だけでお金儲けをすることは …

sentaku401
迷ったらチャレンジングな方を取れ

 お金持ちになるための考え方の一つに「迷ったらチャレンジングな方を取れ」というも …

Image2
柳の下にドジョウは3匹いる

 「柳の下にいつもドジョウがいるとは限らない」というのは有名なことわざである。一 …

raibaru
お金持ちになるためには、見えない戦いに慣れる必要がある

 お金持ちになるためには、見えない相手と戦う必要が出てくる。お金持ちのレベルが上 …