お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

ストックでお金を稼ぐとはどういうことなのか?

 

 「フローでお金持ちになる方法とストックでお金持ちになる方法の違い」では、ケタ外れのお金持ちになっている人の多くが、フローを貯めたのではなく、ストックそのものでお金持ちになっていると述べた。

 ストックそのもので稼ぐというのはどういうことなのだろうか?お金持ちになるために会社を設立したAさんとBさんを例に考えてみよう。

会社を売って一気に資産家だ!

どちらが効率が良いか?
 Aさんはお金持ちになりたいと思い会社を設立して事業を始めた。
 Aさんの会社は毎年1億円を売上げ、経費を差し引くと利益は2,000万円になった。税金が約1,000万円かかるので、手元に残るお金は毎年1,000万円である。
 Aさんは10年間順調に事業を運営して、10年後には1億円の資産家になった。

 これに対してBさんは、Aさんと同じように会社を設立して事業を始めた。
 Aさんと同じくBさんも1億円の売上げとなり、経費を差し引くと手元には1,000万円が残った。
 だが、Bさんはこの事業を10年間継続することはなく、2年目にはある投資家にこの会社を1億円で売却した。

 会社の売却は、株式会社であれば普通、その会社の株を売買することになる。株式の売却益にも税金はかかるが、それは利益に対して最大で20%と所得税や法人税に比べると低い。

 Bさんは1000万円で会社を作り、1億円で会社を売却した。利益は9000万円なので、税金は1800万円となり、差し引き手元には8200万円が残った。

 Aさんは10年かけて1億円を作ったが、Bさんはたった1年で8,200万円の資産を築いた。喜んだBさんは、8200万円で今度は別の会社を5000万円で購入した。アイデアマンのBさんは新たに買った会社で新規事業を始め軌道に乗せた。

 するとBさんは次の年に、またその会社を1億5000万円で売却した。税金を考慮しないと、Bさんは3年目で1億5000万円の資産を手にしたことになる。

 このBさんの行動こそが、ストックでお金持ちになる秘訣なのである。

投資家が会社をまるごと買う理由
 Bさんから会社を買った投資家はなぜBさんの会社を買ったのだろうか?それはBさんの会社が毎年1,000万円の利益が見込める状態になっているからである。投資家にしてみれば、うまくいくかも分からない新しい会社を設立するよりも、すでに利益が上がっている会社を買った方が確実なのだ。

 実は事業を通じてお金持ちになった人の多くがこのようにして会社を売却して資産を築いている。会社の株を上場するということは、自分の会社の株を一般に売りに出すことなのだ。

 「フローでお金持ちになる方法とストックでお金持ちになる方法の違い」で例にあげたウォーレン・バフェット氏の会社もニューヨーク証券取引所に上場している。バフェット氏は自分の会社をすでに売りに出しているのだ。バフェット氏はまだ自分の株は実際には売却していないが、証券取引所に上場しているということはいつでも株を売ることができる。もしバフェット氏の持分を誰かが買えばバフェット氏には5兆円が手に入るというわけだ。

 実際に売っていなくても5兆円の価値があるわけだから、バフェット氏はその気になれば3兆円くらいのお金を借りることもできる。資産があるとお金を調達することができて、このお金でまた新しい資産を購入できるのである。

 資産を増やしていく手段は株式だけとは限らない。

今は悠々自適

実は資産でお金持ちになった人は多い

 リクルートの創業者で、現在は引退して悠々自適の生活を送っている江副浩正氏は、リクルートの経営者としての顔のほかにもうひとつの顔があった。不動産投資家である。

 江副氏は、まだ会社が小さいころから自社ビルを積極的に購入していった。
 リクルートの創業時、江副氏は大学の先輩である森ビルの森稔社長に頼み込んで森ビルの屋上に仮事務所を借りていた。
 会社が軌道に乗るとオフィスが手狭になる。森社長に頼んで新しい広いオフィスを探そうと思ったが、「賃貸のままだと森さんばかり儲かるのでバカバカしくなった」(江副氏)との理由で、積極的にビル購入に乗り出した。

 当時はバブルの影響で不動産価格が急上昇しており、江副氏の読みは当たった。リクルートの資産はたちまち巨額になり、江副氏の資産も膨れ上がることとなった。

江副!家賃ちゃんと払わんかい!

 もちろんやみくもに資産を買えばよいというわけではない。
 借金をして不良資産の山になってしまっては破産するしか道はなくなる。
 だが、毎年の稼ぎだけで巨万の富を築けるかというと、これは別問題だ。

 資産で儲けるというと、なんとなく不労所得のイメージがあるのか、お金持ちの人はあまり積極的にこのことを話したがらない。だが、よく話されることよりも、話されないことに真実が隠れていることが多い。

 お金持ちになりたい人は、資産が資産を作るという話をよく覚えておいた方がよい。

【参考記事】
税金をたくさん払うとお金持ちになれる?
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

jikochu2001
自己中心的であることと、自身が儲けることとは天と地ほど違う

 お金持ちの人は基本的に自分の利益しか考えない。そうであるからこそ大きなお金を稼 …

oboriken
お金持ちは情報のバイアスから自由である

 人は知らず知らずのうちに情報にバイアスをかけている。多くの人が、どうなるのかを …

nigeru6673
お金持ちになるためには「逃げ」も必要

 お金持ちになるためには「攻め」が必要なのだが、それはレースがスタートしてからの …

a0002_005490
ブッキングが下手な人は貧乏人

 アポイントの取り方はその人のお金持ち人生を左右するといってもいいくらい大事なこ …

teburuhaichi
お金持ちは食事の際、相手の正面に座らない

 お金持ちが食事の場を重視していることはこのコラムで何度も論じてきた。会食は、相 …

rurumoraru4789
お金持ちは共通のルールを重視する。貧乏人は個人的なモラルを重視する

 社会におけるルールとモラルは似ているが、実は全く異なる概念である。ルールは合意 …

a0001_011455
お金持ちになった人はなぜむなしさを感じるのか?

 せっかく成功してお金持ちになったのに、なぜかむなしさを感じる人は多い。「お金が …

kowaikao
お金持ちになるためには、怖そうにした方が得なのか

 「ウェブはバカと暇人のもの」で有名な中川淳一郎氏が、タレントのベッキーがあれだ …

ED156_L
お金持ち本の読み方

 世の中にはいわゆる「お金持ち本」と呼ばれるジャンルの書籍がある。   ここには …

GD093_L
交渉ばかりする人はお金持ちになれない

 交渉が上手な人は儲け方がうまいと思われている。確かに交渉が上手なことは重要なこ …