お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

「時間が出来たら」という人はお金持ちになれない

 

 旅行や趣味などお金や手間のかかることについて「時間が出来たらやりたい」と考える人は多い。
 また起業や転職についても「いつかは実現してみたい」と考えているかもしれない。
 だが、残念なことに、この思考パターンを持っている人はお金持ちになりにくい体質である。もしお金持ちになりたいと思っているならば、この考え方はすぐに改めた方がよいだろう。

現状を変えたくない心理の表れ
 では「時間が出来たらやりたい」と考える人は、なぜ今すぐに取り組まないのだろうか?それは現状を変えたくないからである。
  手間やお金がかかることに取り組むためには、現状を大きく変えなければならない。それを実現する困難と自らの欲望を天秤にかけると、メンドーを回避する方を優先してしまうのだ。

 サラリーマンとして会社組織の中で定年まで大人しく暮らしていくのであれば、このような思考パターンはむしろ有利に働く。下手に変化など求めない方が組織の中では安全だ。
 だがお金持ちになろうとする場合には話は別である。だまって現状維持を続けていては、お金持ちになれる可能性はほぼゼロのままである。やみくもにリスクを取るのは論外だが、何らかのチャレンジを実行しなければお金持ちになることは不可能なのだ。

 このような環境下では「いつか実現してみたい」というタイプの人は、一生動き出すことができず、チャンスをものにすることができない。 
 また人よりお金を稼ぐためには、人の何倍も働くか、人とは違ったことをしなければならない。どちらにしても、大変なエネルギーが必要となる。
 仮にチャンスがめぐってきたとしても「いつかは」パターンの人は、新しいことをやりきるパワーが足りず、挫折してしまうだろう。

一人でお金持ちにはなれない
 さらにひどいパターンになると「いつかは実現してみたいのだが、奥さんや子供もいるので」と言い訳をする。

 だが考えてもみて欲しい。お金持ちになるためには、個人で株のトレーディングをするのでもない限り、何らかの形で周辺の人を巻き込まなければならない。一人でお金持ちにはなれないのである。

 奥さんと子供を危険に晒すので嫌だと本人は言っているわけだが、あなたに協力してくれる人には奥さんや子供はいないのだろうか?
 お金儲けをするということは、自分だけでなく、他人の人生も背負うことになるのである。自分の家族を危険に晒したくないといっている人に、どうして他人が協力してくれようか?

 もしそう考えているのなら、お金持ちになることはきっぱりと諦め、地味なフツーの人生を歩んだ方がよい。

【参考記事】
できない理由を並べる人はお金持ちになれない
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_003677
賃貸と持ち家はどちらが得なのか?

 住宅ローンに関する情報は多い。固定金利か変動金利か、繰上げ返済は得か損か、など …

GD181_L
お金持ちは人を敵か味方かに分けない

 「人間には、敵か、家族か、使用人の3種類しかいない」と豪語したのはかの有名な田 …

ET003_L
お金持ち人脈の秘密に迫る

 お金はお金が大好きだといわれる。お金はお金のあるところに集まってくるのだという …

GD044_L
お金持ちになれるかは結局メンタリティ次第

 最近ではお金持ちになる方法がいろいろなところで論じられている。当サイトもその一 …

fudosan
お金持ちは時代で変わる

 どのような職業の人がお金持ちになりやすいのかは時代によって変化する。時代によっ …

aisaa
自動車ドロボーから下院議員になった男

 前回のコラムでは、趣味に凝るタイプの人はお金持ちになりにくいという話を書いた。 …

oecdchousa001
ITが不得意な日本人はお金儲けが下手?

 OECD(経済協力開発機構)が興味深い調査データを発表している。世界の15歳を …

a0002_002199
本当に好きなことはお金を持ってみないと分からない

 お金がなくても好きなことをやれていれば幸せであるという考え方については筆者も否 …

a0002_001045666
会社は従業員の物という考え方はなぜダメなのか?

 一時期、会社は株主のモノか、従業員のモノかという論争があった。どうも日本では、 …

hikutsu
卑屈な精神構造ではお金持ちになれない

 せっかくのチャンスがありながら、物事に対する考え方一つで、それを生かせないケー …