お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

「時間が出来たら」という人はお金持ちになれない

 

 旅行や趣味などお金や手間のかかることについて「時間が出来たらやりたい」と考える人は多い。
 また起業や転職についても「いつかは実現してみたい」と考えているかもしれない。
 だが、残念なことに、この思考パターンを持っている人はお金持ちになりにくい体質である。もしお金持ちになりたいと思っているならば、この考え方はすぐに改めた方がよいだろう。

現状を変えたくない心理の表れ
 では「時間が出来たらやりたい」と考える人は、なぜ今すぐに取り組まないのだろうか?それは現状を変えたくないからである。
  手間やお金がかかることに取り組むためには、現状を大きく変えなければならない。それを実現する困難と自らの欲望を天秤にかけると、メンドーを回避する方を優先してしまうのだ。

 サラリーマンとして会社組織の中で定年まで大人しく暮らしていくのであれば、このような思考パターンはむしろ有利に働く。下手に変化など求めない方が組織の中では安全だ。
 だがお金持ちになろうとする場合には話は別である。だまって現状維持を続けていては、お金持ちになれる可能性はほぼゼロのままである。やみくもにリスクを取るのは論外だが、何らかのチャレンジを実行しなければお金持ちになることは不可能なのだ。

 このような環境下では「いつか実現してみたい」というタイプの人は、一生動き出すことができず、チャンスをものにすることができない。 
 また人よりお金を稼ぐためには、人の何倍も働くか、人とは違ったことをしなければならない。どちらにしても、大変なエネルギーが必要となる。
 仮にチャンスがめぐってきたとしても「いつかは」パターンの人は、新しいことをやりきるパワーが足りず、挫折してしまうだろう。

一人でお金持ちにはなれない
 さらにひどいパターンになると「いつかは実現してみたいのだが、奥さんや子供もいるので」と言い訳をする。

 だが考えてもみて欲しい。お金持ちになるためには、個人で株のトレーディングをするのでもない限り、何らかの形で周辺の人を巻き込まなければならない。一人でお金持ちにはなれないのである。

 奥さんと子供を危険に晒すので嫌だと本人は言っているわけだが、あなたに協力してくれる人には奥さんや子供はいないのだろうか?
 お金儲けをするということは、自分だけでなく、他人の人生も背負うことになるのである。自分の家族を危険に晒したくないといっている人に、どうして他人が協力してくれようか?

 もしそう考えているのなら、お金持ちになることはきっぱりと諦め、地味なフツーの人生を歩んだ方がよい。

【参考記事】
できない理由を並べる人はお金持ちになれない
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

pump054
お金持ちを分類してみると

 世の中に存在しているお金持ちはいくつかの人種に分類することができる。もちろんす …

souteigai002
想定外を安易に口にする人はお金持ちになれない

 日本では震災の発生以後、想定外という言葉が非常に安易に用いられるようになってい …

dodo
お金持ちの振る舞いを勉強したければ高級ホテルに行け!

 お金持ちの人は振る舞いが違うとよくいわれる。だが具体的に何がどう違うのかといわ …

a0001_016474
頭で分かっているというのは分かっていない

 人間の理解には2つの段階がある。ひとつは理解したつもりになっている段階と、もう …

a0007_0023031
お金持ちの人はなぜ住宅ローンに対して否定的?

 多くの人が住宅ローンを目一杯組んで住宅を購入している。だが、お金持ちの人は、こ …

GD093_L
交渉ばかりする人はお金持ちになれない

 交渉が上手な人は儲け方がうまいと思われている。確かに交渉が上手なことは重要なこ …

a0001_016523
いつもお金の話をすることの有効性

 ただ黙って座っているだけではお金持ちになることはできない。 お金持ちになるため …

ET003_L
お金持ち人脈の秘密に迫る

 お金はお金が大好きだといわれる。お金はお金のあるところに集まってくるのだという …

semina
お金持ちセミナーには行った方がよいのか?

 世の中には「お金持ち」になるためのセミナーが山ほどある。  内容は自己啓発的な …

moteru5479
お金持ちの男性が女性にモテる理由は、長期戦が可能だから

 お金持ちの男性は女性にモテるといわれる。その理由はお金があるからなのだが、そう …