お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

そもそもお金持ちってどんな人?

 

 皆さんはお金持ちというとどんなイメージを持つだろうか?会社の社長さん?ブランド物で身を固めてベンツやフェラーリを乗り回すこと?それとも豪華なディナーやため息がでるようなパーティだろうか?
 一方で本当のお金持ちは地味で慎ましいという話もよく聞く。代々続く資産家の家は上品だが質素な身なりをしていて決してお金を持っていることを鼻にかけないらしい。だけど、そもそも金持ちに「本当」も「ウソ」もあるのか?

 一方でこんな会話もよく耳にする。「××の○○さん。旦那さんは上場企業の役員なんだって。やっぱり上流階級のお金持ちは違うわよね」

  お金持ちって、ブランド物で身を固めてフェラーリに乗る人なのか?それとも上品な上流階級の人々なのか?それとも、一流企業のお偉いさんのことなのか?


同じお金持ちでも、資産家と高給取りは違う
 実は世の中のほとんどの人がお金持ちのことをよく理解していない。

 世の中最大の間違いといってもよいのが、「毎年の収入が多いこと」と「資産をたくさん持っていること」それに「会社や地域での社会的地位が高いこと」をごっちゃにしていることだ。
 
 ブランド物で完全武装しフェラーリやランボルギーニに乗っているチョイワル風のオヤジは、年収が高額であることは間違いないなさそうだ。だが、そのウラには多額の借金があるかもしれないし、稼いだ額を全部消費に回していて貯蓄や土地などはゼロかもしれない。
 一方、代々の土地持ち一家は、たくさんの土地を持っているから、資産の額は莫大である。だが、毎年の年収はそれほど多くないかもしれない。ひょっとすると、普通のサラリーマンよりも少ないもしれないのである。

 フェラーリオヤジと土地持ち一家はどちらがお金持ちだろうか?
 答えはどちらもお金持ちである。ただし重要なことは、フェラーリオヤジは資産家ではないが、土地持ち一家は資産家だ。少し難しい話をすると、フローとストックの違いなのだ(このあたりは追って説明する)。

 つまり、フロー(毎年の収入)が極めて大きい人、もしくはストック(持っている資産)が極めて大きい人のことを世の中ではお金持ちと呼んでいる。だから、例に挙げた2人はどちらもお金持ちだ。

社会の地位とお金は必ずしも一致しない
 一方、収入や資産が多いことと、会社などの地位は必ずしも一致するわけではない。大企業の部長さんや役員さんであっても、日本企業の場合、1年間の収入はたいした額ではない。
 もちろん大したことはないといっても大企業の部長ともなれば年収1500万を超える人はザラにいるので、年収400万円の庶民から見れば大金持ちかもしれない。だが、多くの人がイメージするお金持ちは年収1500万の人のことではないはずだ。
 ということで、大企業のお偉いさんは、社会的な地位が高いことは間違いないが、お金持ちなのかはどうかは、それだけでは判断できないのだ。

 わかりやすい例をあげると、ユニクロ会長の柳井氏とマクドナルド会長の原田氏だ。ふたりとも有名企業のトップであり日本を代表する名経営者である。ふたりの最大の違いは柳井氏はハンパではない資産家であるということ。同じ企業トップでも柳井氏は圧倒的なレベルの資産家なのだ。

億単位の給料なんてタダ同然?

  ユニクロは柳井会長自身がオーナーとなっており、ユニクロの株式の3割近くを保有している。資産総額は1兆円にせまる勢いだ。柳井会長の役員報酬は億を超えているだろうが、株の配当だけで数十億円の収入があることを考えると給料などタダ同然だ。

 これに対してマクドナルドは原田会長がオーナーというわけではない。原田会長の年俸も庶民から見たらすごい額だろうが、柳井氏と比べると原田氏は特別お金持ちというわけではない。原田氏は高給で雇われるプロの経営者なのだ。

プロの雇われ経営者。奥さんは歌手の谷村有美

 たくさん資産を持っていると、その資産がさらにお金を生み出してくれるので、資産と年収には深い関係がある。だが、年収がたくさんあることと、資産をたくさん持っていることは直接には関係しない。
 このサイトを読んでいる読者の方は、お金持ちになりたい人か、お金持ちの人か、お金持ちが嫌いな人か、いずれにせよお金持ちに対して何らかの興味がある人だろう。
 
 お金持ちのことを考えるときには、資産と年収の区別をしっかり頭に入れた方がよい。お金持ちと思える人に出会ったら、年収が高い人なのか、資産を持っている人なのか、地位が高いだけでお金は持っていないのか、このあたりに注意を払ってみると、いろいろなことが分かってくるはずだ。

 これからお金持ちになりたいと思っている人はなおさらだ。年収をアップさせて派手に消費したいのか、地味でよいから資産を作りたいのかによって、お金持ちになるためのアプローチ方法はまるで違ったものになる。お金持ちになるための第一歩は、この考え方の違いを理解することから始まるのだ。

【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

seigikan
お金持ちは正義を振りかざさない

 最近は何かと正義が重視される。ネットを眺めれば「○×の発言はケシカラン」「○× …

kouka64a
消費税前、駆け込み購入は無意味

 4月1日から消費税が増税された。日本はこの四半期、景気の落ち込みが予想されてい …

onegai554
遠慮がちな人はお金持ちになれない

 遠慮がちに話す人はお金持ちになりにくい。それはお金持ちになる人が、ずうずうしく …

178088ryoshu
独立と自立は違う

 お金持ちになるための有力な方法のひとつが独立することである。独立と自立という言 …

naya
表情が悪いとお金持ちになれない

 人間とは不思議なもので、その人が置かれている環境というのは顔つきに出てくるもの …

sentaku401
迷ったらチャレンジングな方を取れ

 お金持ちになるための考え方の一つに「迷ったらチャレンジングな方を取れ」というも …

risuku01
リスクを取るということの意味

 お金持ちになるためにはリスクを取る必要がある。これは究極の真実であり、絶対的な …

GD093_L
交渉ばかりする人はお金持ちになれない

 交渉が上手な人は儲け方がうまいと思われている。確かに交渉が上手なことは重要なこ …

PHM11_0605
政治家はお金持ちなのか?

 政治家には常に怪しいお金のイメージが付きまとっている。TVなどでは政治家がいつ …

ganko744
人の思考回路はいつから固まるのか?

 お金持ちになるためには、柔軟な頭を持っていることが重要となる。だが、人は年を取 …