お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

安心を望む人は貧乏、安全を望む人はお金持ち

 

 最近日本では「安心・安全」というキーワードが氾濫している。大震災以降、その傾向がさらに顕著になっている。

 だがこのキーワード、なかなか物事の本質を突いている。このキーワードがどのように心の琴線に触れるのかで、お金持ちになりやすいかが分かるのだ。

安全は安心を担保するが、安心は安全を担保しない
 そもそも安心安全という言葉はおかしい。安全であれば安心なはずだ。安全は安心を担保するが、安心は安全を担保するわけではない。
 だが最近の日本では、商品やサービスについて「安全」とは言わず、わざわざ「安心安全」と説明している。

 このキーワードの反乱には2つの背景があると考えられる。

 ひとつは、商品やサービス提供者側が持っている不安や後ろめたさである。「安全」であることを完全にコミットしてしまうと、もし本当に安全ではなかった場合に責任を取らされるのではないかという不安が生じる。結果的に「安心」というよりあいまいな表現を強調することになる。

 もうひとつは、サービスの購入者側に、物理的な安全よりも精神的な安心の方を強く望む真理が働いていることだ。東日本大震災やそれに伴う原発事故でより明確になったが、日本人の多くは、実際に安全かどうかよりも、当局など、より権威のある人に「大丈夫ですよ」と言ってもらいたいという依存心理が強く働いているようである。

 このようなメンタルの弱さは、国民国家全体として考えると非常に憂慮すべきことなのかもしれないが、個人レベルで考えると大きなチャンスである。

安心を求める人が多いと、大きなチャンスが生まれる
 安全よりも安心を望む人が多いと、リスクが過大に評価され、機会が過小評価される傾向が強くなってくる。本当は安全なものなのに「安心ですよ」というお墨付きがないばかりに、誰も手をださないという機会損失があちこちに存在している可能性があるのだ。

 特に投資の世界では、多くの人がパニックを起こしているときには、信じられないような投資チャンスがゴロゴロと転がっている。
 
 2003年に金融危機が起こりそうになった際には、銀行の株価が50円を下回るケースが出てきた。その後、信用不安がおさまると株価は5倍から10倍になった。2003年に投資できていれば、それだけで大金を手にできたわけである。
 リーマンショックも同様であった。株価急落が市場心理を不安なものにし、健全で優良な企業の株まで売り叩かれた。リーマンショック後に普通に投資していれば、誰でも大金持ちであった。

 これとは逆に、安心が重視されるということは、大して安全でなくても安心させる仕組みさえあれば、割高な料金でも商品やサービスを購入する人が多いことを示している。
 実際日本では、品質が悪くても「有名な○×社が採用している」「提供している会社が大企業だ」といった理由で採用される商品やサービスが実に多い。これは購買する側が「安心」を買うためであれば、かなりのムダ使いも許容するということである。
 新しい商品やサービスで成功しているものの多くは、顧客に安心を与えることができている。それは決して安全を担保しているものではない。

安心プレミアムは高くつく
 要するに、お金を使う側であれば「安心」のお墨付きがないばかりに激安で放置されているものを購入すればよい。
 お金を稼ぐ側であれば、「安心」を担保することで割安のものに高い利益を乗せて販売すればよいわけだ。

 安心を求めてしまう人は「安心」プレミアムのついた高い商品やサービスを購入し可処分所得を減らしてしまう。さらに「安心」プレミアムの仕組みが理解できないので、お金をかせぐ側にもなれない。結果としてお金持ちにはなれないという悪循環にはまってしまう。
 
 事業や投資という大きな話でなくても、保険、自動車、食品など、身の回りには安心をうたう商品やサービスが氾濫している。本当のその「安心」は必要なのものなのか、もう一度確認してみた方がよいだろう。

【参考記事】
小金持ちになるためには保険を掛け捨てに!
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

FQ092_L
お金持ちになりたければ年配者の意見は無視しろ

 年配者の意見には耳を傾けるべきというのは一般によく言われていることだが、ことお …

danmark01
お金があると人生の満足度は高いのか?

 人生の満足度はお金で決まるものではないが、裕福な人ほど人生の満足度が高いという …

meiwaku6647
ひどい状況に遭遇した時の考え方

 誰しもひどい状況に遭遇する時はある。程度の差こそあれ、それはお金持ちでも同じこ …

maxweba
社会学でも証明されたお金に執着しない人がお金持ちになれるメカニズム

 お金に対して過度に執着があると、お金持ちになりにくいといわれる。お金持ちになっ …

inovation20a
イノベーションに対してどの程度敏感であるべきか

 大きなイノベーションが発生する時は、たいがい、お金儲けのチャンスである。お金儲 …

konwaku
フローでお金持ちになる方法とストックでお金持ちになる方法の違い

   お金持ちにになるためは2種類の方法がある。ひとつはフローでお金持 …

roudoujikan512
年収が高いほど労働時間が短い?

 サビ残という言葉に代表されるように、日本の職場は長時間労働が多いといわれている …

a1640_000054
お金を儲けるとはどういうことか?

 お金持ちになるためにはお金を儲けなければならない。当たり前のことである。だが生 …

a0002_001578
ファストフード命という人はお金持ちになれない

 お金持ちになろうとしている人で、ファストフードが大好きという人がいたら、少しば …

gojuon
お金持ちは物事を内容で理解し、貧乏人は語り口調で理解する

 物事の理解の仕方というのは、人によって天と地ほど違う。お金持ちの人は、このこと …