お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

どこかでリスクはとらなければならない

 

 お金持ちになるためには、どこかで何らかのリスクを取らなければならない。
 不動産を相続したような人でも、更地で貸し出すだけで十分な利益が出るようなケースは少ない。何らかの収益施設を作った段階で事業リスクを負っているのである。ましてや、お金のない状態からお金持ちになろうという場合には、それなりのリスクを覚悟する必要がある。

リスク分散が正しいとは限らない
 世の中ではリスク分散することが絶対的に正しいことのように言われているがそうではない。以前、筆者は株式投資にチャレンジしたい人に対して、少ない銘柄に集中して投資するようアドバイスしたことがある。

 その投資家は、元手が100万円。数年で2倍から3倍にしたいとう強い希望を持っている。数年で2倍から3倍にするためには、かなりのリスクを取らなければならない。場合によってはゼロになってしまう可能性があることを何回も説明した。だがそれでもチャレンジしてみたいという。その結果としてのアドバイスであった。
 株式の平均的なリターンは6%くらいしかない。普通に投資していたのでは年6%がいいとこなのだ。だが急上昇が期待できる銘柄に集中投資すれば、大幅に損するかもしれないが、2倍~3倍も夢ではない。

 だがここで文句を言ってきたのが、FPの資格を持つI氏であった。I氏によればポートフォリオ理論に基づいて分散投資をしなければ危険だという。自分もリスクとリターンを計算してポートフォリオを組んでいるという。
 筆者は異なる考えの人に対しても、きちんと論理が通っていれば、意見そのものには敬意を払う主義だ。だがI氏は自説が正しいという上から目線の姿勢が目に余ったので、このときは厳しく指摘をした。

リスクを取る金額の絶対値が重要
 筆者「分散投資が重要なことくらい、さすがに私でも知っています」
    「これでも金融機関で運用をやっていたのでね」
    「ところであなたはいくら投資しているのですか?」
 I氏「いくらってそんなに多くはないです」
 筆者「いや金額が問題なんですよ」
    「ちなみに私は1億円強運用しています」
 I氏「いや、私はそれほどは・・・」
 筆者「10億円くらいですか?」
    「ポートフォリオを気にされているぐらいですから、5000万円ってことはないですよね」
 I氏「・・・・」


 ちょっと意地悪だったかもしれないが、言うべきことは言わなければならない。
 それはともかく、I氏の運用金額は約100万円だそうである。
 100万円を株式で、しかもリスク・リターンを計算するといった相当の手間をかけて運用し、数%のリターンを得てI氏は何をしようというのだろうか?
 これなら定期預金に貯金した方がよっぽどましだ。利子は安いが、ゼロになることはない。だが株式は持っているだけでゼロになるリスクもあるのだ。

ポートフォリオはお金持ちのための理論
 I氏はリスクの意味も、ポートフォリオの意味も分かっていないのである。ポートフォリオを組んで意味があるのは億単位以上のお金を運用する投資家だけである。
 
 億単位の資産を持つ投資家にとって大事なことは資金を無くさないことと、インフレで価値が目減りしないことだ。このため、数%のリターンを常に確保し、個別銘柄の影響をできるだけ受けないようにするためにポートフォリオを構築する。3億円のお金を5%で運用すれば毎年1500万円の収入になる。それだけで十分に暮らしていける額だ。だが銀行預金にしてしまうと、定期でも100万円から150万円くらいにしかならない。これでは仕事をしなければ生活できない。
 お分かりだろうか?このクラスの投資家にとって、お金をできるだけ減らさず、5%で運用することは、とてつもなく大事なことなのだ。このような人のためにポートフォリオ理論は存在する。

 

目標さえ明確になれば何をすべきかすぐに判断できる
 だが100万円の投資家はどうだろうか?100万円しか投資に回せないということは金融資産はせいぜい300万円から500万円くらいだろう。年収も500万円から800万円といったところだろうか?

 100万円を5%で運用して5万円のリターンが毎年得られることと、定期で回して数千円のリターンを得ることが天と地ほど違うことなのだろうか?しかも株式に回せば確率は低いが半分やゼロになってしまうこともある。金融資産が300万円の人が100万円失ったら大変なことだ。私なら絶対に銀行預金にする。

 このクラスの人が株式に投資するというのは、危険を伴ってもいいから資産を大きく増やしたいという理由でなければ、論理的な整合性が確保できないのである。

 筆者に相談を求めてきた人は、最悪、資金がなくなっても良いから、100万円を300万円にしたいと明確な目標を持っていた。彼はリスクとリターンの関係をよく理解している。筆者はそう判断して思い切った投資を勧めたのである。

 その後、彼は3倍とはいかなかったが元手を1.5倍には増やすことができた。それを元手にサイドビジネスを始めるという。彼は、事業であれ、投資であれ、筆者のアドバイスなしでも、十分に正しい決断を下していけるだろう。

【参考記事】
資格マニアがお金持ちになれない本当の理由
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

kasoukuukanmoney
お金持ちは、目の前にあるお金とバーチャルなお金を分けて考えない

 お金に縁がない人はリスクを取るのが苦手と言われる。だが一方で、多くの日本人が、 …

a0002_005490
ブッキングが下手な人は貧乏人

 アポイントの取り方はその人のお金持ち人生を左右するといってもいいくらい大事なこ …

a0008_001856e
貧乏人の運に対する考え方

 前回に引き続いて、お金持ちと「運」に関する話をしたい。前回は、お金持ちの人ほど …

b97ba423838a88ad_s
お金持ちは日常的に「ナゼ」が多い

 お金持ちの人は日常的に「ナゼ?」が多い。逆にお金に縁がない人は、物事に対してあ …

a0002_010335001
将来のために今ガマンするはウソ

 将来のためには、今ガマンをすることは重要だといわれる。日本は小さいときから、後 …

a0002_006818
お金は人を変えない

 お金は人を変えるとよく言われるが、それはたいがいウソである。お金が人を変えるこ …

yasasi7001
お金持ちが交渉相手に対して優しいことが多い理由

 お金持ちの人は、思いのほか、交渉相手に対して優しく接することが多い。もちろんこ …

fukuzayukichi
お金持ちになれる人は、お金持ちからお金を取る

 お金持ちになれる人は、お金のある人からお金を取ろうとするが、貧乏人体質の人は、 …

honpickechi
ピケティから何を学ぶか

 フランスの経済学者トマ・ピケティの著作「21世紀の資本」が話題となっている。7 …

ronnso9977
お金持ちは人と論争しない

 やたらと人と論争したがる人がいる。論じることが目的の場ならいざ知らず、ビジネス …