お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

英語ができるとお金持ちになれるのか?

 

 日本人の多くが不得意と感じている英語。お金持ちになるためには英語は必要なのだろうか?

 もしこれから企業の従業員として生活していこうというのであれば英語は必須のアイテムといっても過言ではない。
 グローバル化が進む今、会社に雇ってもらう以上、英語くらいできますといっておかないとカッコがつかない。だが英語ができるとお金持ちになれるのかというと必ずしもそうではない。

 このコラムにおいて何度も述べてきているように、お金持ちになるためには、投資や事業など、何らかの行動を起こす必要がある。ただ会社勤めをしてセコセコ貯金したり、漫然と毎日を過ごしているだけではお金持ちにはなれないのだ。だが投資や事業でお金を作る行為と英語にはそれほど密接な関係がないというのが現実だ。

 もちろん英語ができればチャンスは広がる。もっとも分かりやすいのは海外との取引きや海外投資がラクにできることだ。だが海外との取引きには大きなカベがある。それは英語ではなく「経済規模」と「コスト」の問題なのだ。

日本人が忘れがちな重大な事実
 まず認識しなければならないのは、日本人は国際的に見て尋常ではないお金持ちであるという点である。

 日本の経済水準、生活水準と同じかそれ以上なのは、米国や欧州などごく一部だ。それ以外の国は、いくら新興国で成長著しいといっても、日本よりも経済規模が一桁小さい。
 日本の中で「俺は貧乏だ」と叫んだところで、絶対値でいったら地球規模ではとんでもないお金持ちなのだ。日本に住んでいると忘れてしまいがちだが、これは極めて重大な事実である。

 このことが何を意味するのかというと、日本で月100万円稼ぐのは大変なことなのだが、日本よりも経済水準の低い国で100万円稼ぐのはもっと大変ということである。

 中国は沿岸部でこそ日本と同じ経済水準になってきたが、それでも日本円の100万円といったら、中国では(日本でいうところの)500万円の感覚である。

 100万円稼ぐことと500万円稼ぐことのどっちがラクかといえば当然だが100万円だ。新興国に移住して現地のレベルの生活でガマンできるというのであればそれでもよいが、日本の水準でお金持ちになろうというのであれば、新興国との取引きでは500万円稼ぐ感覚を持つ必要がある。

4倍のビジネスじゃないと割りに合わない
 日本企業のアジア進出がうまくいかない理由もそこにある。日本では5万円のテレビはそれほどの高額商品ではないが、アジアでは5万円といえばまだまだ高額商品である。アジアで売るためには、値段を半分にするか、量を少なくするしかない。

 いくら英語や中国語ができてアジアと取引きしても、小さい金額しか動かせず、日本での生活を基準にするとお金持ちからはほど遠いレベルしか稼げない。

 それに海外のやり取りには実はコストがかかる。移動や通信など実際に出費を伴うものはもちろん、時差や文化の差による進捗スピードの遅さ、契約書の翻訳、法律チェックなど、相当の手間がかかる。
 筆者も海外との取引きを経験したことがあるが、日本において日本語でビジネスをするのと比べると、効率は半分に落ちる感覚である。効率が半分で、経済水準が半分だから、2×2で4倍の仕事がないと割りに合わないのだ。

目の前の巨大マーケットを捨てるのか?
 日本と同じかそれ以上の経済水準があり、法整備が進んでいて、かつ情報が豊富で安心して取引きができる国など実はアメリカくらいしかない。ヨーロッパは日本やアメリカと同様豊かだが、敷居が高く、日本人にとっては情報が少なすぎる。
 アメリカが良いといっても移動や通信のコストと時間差による効率低下は免れない。

 これに対して、日本において日本語でオペレーションをすれば、世界第3位の経済水準を持つ巨大マーケットに直接アクセスできる。こんなに恵まれた民族など、アメリカを除くと世界にはそうそういないのだ。

 最近アジアに活路を求め、現地の企業に就職する人が増えているというが、もちろんそれはそれでよいことである。だが現地企業に就職すれば、現地では高級取りかもしれないが、日本円ベースで考えると半分以下であることがほとんどだ。

 もちろん日本はこれから衰退の一途をたどるので、長期的視点でアジアに賭けるのは良いことだと筆者は考える。また日本の市場は活力がなく、既得権益者達が常に新しい試みを邪魔する閉鎖的な構造となっている。

 だがそれでも、日本のマーケットの大きさは無視できない存在である。3年から5年といった短期的な視点でお金持ちになることを考えるのであれば、日本の市場を活用することの方がずっと合理的だ。

 お金儲けと英語が直接関係しないといったのはそういう意味である。

【参考記事】
グローバルなお金持ちが見せるもう一つの顔
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0001_011455
お金持ちになった人はなぜむなしさを感じるのか?

 せっかく成功してお金持ちになったのに、なぜかむなしさを感じる人は多い。「お金が …

Image2
人に褒めてもらいたい病から脱却せよ

 人は誰かに褒められると気分がいいものである。人から褒められることが努力のインセ …

yasukukau001
利益を上げる方法は単純だ

 利益を上げるためには、安く仕入れて、高く売ればよい。そんなことは誰もが分かって …

a0002_002199
本当に好きなことはお金を持ってみないと分からない

 お金がなくても好きなことをやれていれば幸せであるという考え方については筆者も否 …

copipe005
著作権侵害はなぜいけないのか?

 STAP細胞に関する小保方晴子さんの論文が大きな問題となっている。ここではその …

risuku01
リスクを取るということの意味

 お金持ちになるためにはリスクを取る必要がある。これは究極の真実であり、絶対的な …

risukusuji
お金持ちはリスクを数字化できる

 お金持ちは、自分が直面しているリスクを数字にすることができる。逆にお金に縁のな …

a0001_016nnb
お金持ちは物事の是非と損得を明確に整理できる

 正しいことと自分が得することは一致するとは限らない。これがなかなかうまく合致し …

kutu
お金持ちは靴と時計を見れば分かるという説のウソ/ホント

 「お金持ちは靴を見ればわかる」という説と「お金持ちは時計を見れば分かる」という …

bakuzen2001
漠然と正しい人が儲かる

 「正確に誤るよりは、漠然と正しくありたい」これは経済学者ケインズの名言だが、こ …